矯正歯科を広めよう

高齢者の増加に伴い、特別養護老人ホームへの入居待機者が42万人を数えています。
特別養護老人ホームとは介護保険の要介護認定を受けた方が入居の対象となり、その中でも要介護4、5の重度の方が入居を優先されます。


終りの棲家として入居される方がほとんどであり、その方が亡くならない限りは新しい方が入居することは出来ません。

つまり、一年に4、5人のペースでの入居となります。

このペースで行くと2、3年は当たり前に待機しなければなりません。

いつ入居出来るか全く分からない状態にあるのです。そこで、民間事業者が運営する有料老人ホームが設置されるようになりました。


有料老人ホームと一言で言っても、その種類はいくつかあります。

詳しく知りたいのお得情報を用意いたしました。

自立型有料老人ホームと住宅型有料老人ホーム、介護付有料老人ホームとに分けられます。
まず、自立型有料老人ホームですが、文字通り自立された方が入居対象となります。

元気なうちは問題ないのですが、病気等にて介護が必要な状態になると退去しなければなりません。


この型で運営している事業所は少ないようです。次に住宅型有料老人ホームですが、基本的には終の棲家として入居される方がほとんどです。

住宅の名の通り、自立されている方がほとんどですが、食事や入浴は共同で行うところもあります。
また介護が必要な状態になったとしても、介護保険を利用したサービスを外部の事業者より受けることが出来ます。

この型で運営している事業所が一番多いようです。

事業が認可されやすく、運営しやすい事情もあるようです。
生活保護受給者が入居できるところから高額所得者でないと入居出来ないものまで、幅広くあります。

最後に介護付有料老人ホームですが、文字通り介護が付いているので介護スタッフや看護スタッフが必ず配置され、入居定員に対する人員基準が定められています。介護保険の要介護認定を受けている方が入居対象であり、この型も多くの事業所が運営を行っています。有料老人ホームには様々な形態があり、特別養護老人ホームへの入居待機者が多い現在、自分や家族の希望に合わせた環境で過ごせる理想的な場所だと思います。